初心者の水彩画練習

水彩画を最短で上達させるコツや、知っておくと役立つ情報を掲載しています。

きれいな水彩画を描くにはどうすればよい?



水彩画をはじめる人、最近増えています。

水彩画って油絵のような他の絵画と比べてお金がかからないこと、またいつでもどこでも気軽に描きやすいため、趣味としてはじめる人が増えているようです。

ちょっとした挨拶のためのハガキに水彩画を描けたら、なんとなくお洒落ですよね。

また水彩画が趣味だと友人に話せたら格好良いですし、絵を描くこと自体が脳のトレーニングになるなど実にさまざまなメリットがあります。

そんな素敵な水彩画ですが、

・思い通りの絵が描けない
・色の使い方がいまいちわからない
・練習をしても全然上達しない

などと悩んでいる人は少なくありません。

水彩画って絵がうまくない方でも、コツさえつかめばそれなりにクオリティの高い絵が描けるはずなのですが、思うように描けないという方は本当に多いです。

何度挑戦しても上手く描けずに、才能がないからやめた方が良いのかも…なんて止めてしまう人もいますが、それってとてももったいないことです。

なぜなら、あなたが水彩画をうまく描けないのは才能がないからではなく、単に描き方を知らないだけという可能性が高いからです。



上手く描きたいのに描けない…。

そんな人はまず、水彩画を使った描き方のコツについて学んだうえで描く練習をしてみてください。

水彩画上達の近道は「描き方のコツ」をつかむこと



水彩画が上手く描けないのは、描き方のコツを知らないからです。

絵があまりうまくない初心者であっても、描くコツさえつかむことができれば、思い通りの水彩画を描くことができるようになるはずです。

といっても、どうやってコツをつかめばよいの?なんて、疑問に思う人も多いでしょう。



水彩画の上達に一番効率的なのは、上手い人の描き方をそっくりそのまま真似することです。

水彩画に限らず、人の描き方を真似することは絵画上達の効果的な方法だといわれており、 実際にそうやって練習している人は多いです。

しかし真似することがなぜ上達に繋がるのか?



その理由ですが、真似をすることで上手い人のテクニックをそのまま身に付けることができるからです。

筆の動かし方をはじめ、色の選び方や影の付け方など、描くものや場所によって描き方のコツがあり、 その通りに描くことでそれらしく見えるように描くことができます。

場面によって描き方や色の使い方を変える必要があるのですが、 初心者は全てを同じように描き、単純な色の選び方をしてしまうために上手く描けません。

そんな描き方で練習を繰り返したとしても、まずきれいな水彩画は描けないでしょう。というか描けなくて当然ともいえます。

いつまでたっても上達せず、挙句の果てに「才能がないから描けないんだ」とあきらめてしまうんですね。

素敵な水彩画を描けるようになりたいのなら、まず上手な人から水彩画の描き方のコツを学びましょう。

参考記事:水彩画上達の一番のコツは「数をこなす」ことじゃなく「テクニックを身に付ける」こと

水彩画の描き方のコツはどうやってつかめばよい?

水彩画は上手な人の描き方を真似するのが一番だと述べましたが、具体的にはどのように学べばよいのでしょうか?



一番手っ取り早いのは、水彩画を教えてくれる絵画教室へ通うことです。

教室では当然ながら、先生に描くコツを教えてもらえますし、実際に描いているのを見る機会もあるでしょう。

また先生のほかにも絵が上手い人は必ずいますので、そういった方の描き方を参考にすることもできます。

わからないことがあればその場で即たずねることができるのも、教室へ通う大きなメリットです。



ただ、なかには教室へ通うのが難しい人もおられますよね。

教室へ通うには時間も必要ですし、教室代や画材、通うための交通費など何かと費用がかかります。

時間や費用がかかる割に、実際の練習はスローペースで進められることが多く、ある程度の絵を描けるようになるまでには時間がかかります。

通う教室の種類や通う頻度にもよりますが、ある程度テクニックを身に付けるには少なくとも1年以上、長いと2年はかかるでしょう。

2年なんて、続くかどうか…ですよね。
もっと簡単に、短時間で上達できないのかと考える人も多いのではないでしょうか。



先にも述べた通り、時間や費用をかけられるのなら教室がおすすめですが、教室へ通うのが難しい人、また通うのが気が進まない人にはこれからご紹介する「水彩画講座」の利用がおすすめです。

講座と一口に言ってもさまざまなタイプがありますが、ここでご紹介するのは自宅で学べるタイプの講座で、自分の好きな時に好きなだけ水彩画の練習ができます。

また動画を使ってプロの筆使いやテクニックを学べるようになっているため、「上手な人の描き方を真似する」という効率の良い練習方法を実現できます。

参考記事:水彩画の練習は「本」ではなく「動画」でやるべき その理由について解説



マイペースな人にとっては、教室へ通うよりも講座を利用した方が自分ペースで学習が行えるため、かえって上達がはやいかもしれません。

かかる費用も、教室へ1年2年通うことに比べると安いです。


おうち時間で!有名画家から学べる水彩画講座で水彩画をはじめよう

水彩画を本格的にやってみたいけれど、教室が近くにない。

絵を描きたいけれど、初心者なので一人でやるのは難しい。

そんな方に当サイトがおすすめしているのが、有名画家が教える初心者向けの水彩画講座です。

わかりやすいDVD映像を利用して、おうちにいながら好きな時間に好きなだけプロの水彩画家である上西竜二先生のレッスンを受けることができます。



絵画初心者でも大丈夫です。

効率的に絵が上達する独自の練習法を採用しているため、絵を描いたことがない方でもすぐにきれいな水彩画が描けるようになります。

また1~2年絵画教室へ通うのと同じくらいのテクニックを、自宅で身に付けられる点も魅力。

有名画家の講座でありながら、お値段が教室に通い続けるより安いため、低コストで水彩画を本格的に学びたい人にもおすすめです。


なお、今だけの限定無料特典として、 以下の豪華な特典が付属します。



いずれもここでしか手に入らない特典ですので、 はじめるのなら特典プレゼント中がお得。まずはチェックしてみましょう。






サイトの最新記事一覧

絵を売りたいけど原画は売りたくない そんな人におススメのお手軽ジクレー版画
絵を売りたいけど原画は手放したくない。矛盾しているようですが、そんな人は多いと思います。でも絵は売りたい…そんな人におすすめのジクレー版画についてお話しします。

水彩画を長持ちさせる対策について解説 色あせ・劣化を防いで長く楽しもう
絵画の中でも特に劣化しやすい水彩画。劣化すると色があせたりにじんだりと、絵の質に大きな影響を与えます。今回は、そんな水彩画を長持ちさせる対策について解説します。

マスキングインクが取れない・固まってしまった…の解決法について
水彩画の白抜きに欠かせないマスキングインク。便利なものですが、使い方によってはトラブルになることもあります。今回は、マスキングインクの使用で起こりやすいトラブルの解説法についてお話ししたいと思います。

グラニュレーション色の性質を理解して水彩画を描こう
絵の具には、グラニュレーション色と呼ばれる顔料の粒子が大きいタイプの色があります。ザラっとした質感になるため扱いに注意が必要な色ですが、逆にその質感を利用することもできます。今回は、そんなグラニュレーション色の特徴についてお話しします。

絵の具には毒性を持つ色がある 水彩画を描くときに頭に入れておきたいこと
水彩をはじめとする絵の具の一部には、毒性を持つ成分が含まれているということをご存じでしょうか?今回は絵の具の毒性についての知識と、心がけたいことについてお話しします。

書道筆は水彩画を描くのに使える?使うメリットは?
水彩画には水彩用の筆を…と思われがちですが、実は書道筆も水彩ではよく使われます。今回は水彩画で書道筆を活用するメリットと、利用シーンなどについてお話しします。

水彩画の筆についてわかりやすく解説 各筆の特徴を知ってより自分にあった筆を使おう
水彩画の筆は、使われている素材や形によって、描き心地が大きく異なってきます。今回は、水彩でよく使われる筆の特徴についてわかりやすく解説します。

水彩の重ね塗りが上手くいかない きれいに色を重ねる方法とは
透明水彩では、紙に色を何度も塗り重ねることで深みのある色を表現しますが、色を重ねると下の色が溶けだしてしまう…なんてお悩みをお持ちの方、おられるかもしれません。今回は、きれいに色を重ねる塗り方について解説します。

自分の水彩画を本にする方法
描きためた水彩画を本にしたい。そんな方は多いのではないでしょうか。実は自作の画集は結構お安く、それでいて簡単に作れます。今回は自作の水彩画を本にする方法について解説します。

水彩で建物を上手く描く方法 透視図法を使った描き方についてわかりやすく解説
水彩で建物のある風景を描くことが多いけれど、建物が上手く描けない。そんな方向けに、建物を描くときに欠かせない「透視図法」を使った描き方についてわかりやすく解説します。

  1  2  3  4  5  6   > next


▲教室へ通わず水彩画を上達させたい。そんな初心者向けの水彩画講座です。
ページトップへ