水彩画で最低限揃えたい道具について解説

水彩画を最短で上達させるコツや、知っておくと役立つ情報を掲載しています。

水彩画には何が必要?「透明水彩」に必要な道具について解説



水彩画をはじめたいけれど、何を揃えたらよいのかがわからない。
なんて方のために、今回は「透明水彩」に最低限必要な道具について解説します。

他の絵画と比較して、水彩画は比較的道具にお金がかからないため、絵画初心者でもはじめやすいはずです。

水彩画で最初から高い道具を買う必要はない

水彩画に限らず、道具や材料は高価でもクオリティの高いものを揃えた方が良いとか、 一流の道具に触れるべきなんてことを言う人が必ずいます。

確かに、ジャンルによっては最初から良いものを揃えた方が無駄がない場合もあります。

ただ、水彩画に関しては最初から高価な道具をそろえる必要はありません

といっても、さすがに100均で販売されているような道具はおすすめしませんが、 ほどほどの価格の製品で大丈夫です。

描いているうちに、良い道具が欲しくなることもあるでしょう。 良い道具が欲しくなるということは、絵を描くことに余裕が出てきたということです。

高価な道具は、そう感じるようになってから買い足しても遅くはありません。

水彩画で必ず必要なもの

水彩画で必ず必要となるのは、以下の5点です。
水彩画を描くのに必要な道具

・絵の具
・筆
・パレット
・水彩用紙
・筆洗

上記の道具に関して、詳しく説明していきます。

水彩絵の具の選び方



まず絶対に必要になるのが絵の具。
絵の具は、透明水彩と呼ばれる種類の絵の具を買いましょう。

多分ですが、皆さんが小学校や中学校の授業で使われていた水彩用の絵の具は「透明水彩」ではありません。

不透明水彩、マット水彩と呼ばれるタイプの水彩絵の具で、透明水彩とは色の出方がやや異なります。

透明水彩をおすすめするのは、水彩画のプロが使用する絵の具だから。

不透明水彩とは書き味が全然違ってくるので、プロが描くような水彩画を描きたいのなら「透明水彩」を買いましょう。



プロが使うとは言っても、お値段は不透明水彩と変わりません。
なので予算にあったものを選ぶと良いでしょう。

ただし、100均などで激安販売されている絵の具はおすすめしません。

実際に使い比べてみるとわかりますが、絵の具の伸びが全然違うために絵のできも大きく変わってきます。

何を選べばよいかわからない場合は、以下のメーカーの透明水彩を選ぶと良いでしょう。 ホリベインは画材では有名&人気メーカーであり、間違いありません。


ホルベイン 透明水彩絵具 18色セット W403 5ml(2号)

新品価格
¥2,450から
(2019/7/1 15:11時点)





あと、固形タイプとチューブタイプのどちらを選べばよいかで迷うかもしれません。

固形タイプはその名の通り「固めてある絵の具」であるため、持ち運びには便利です。 ただし色を混ぜにくいという性質があります。

チューブタイプの特徴は固形タイプとは逆で、持ち歩きにくいけれど色は混ぜやすいです。



どちらを選べばよいかですが、個人的には自分が使いやすいならどちらでもよいと思っています。

私自身はチューブ派で、持ち運びも気にせずしています。

まわりの仲間をみても、チューブが圧倒的に多いです。
なので本格的にやるなら、チューブの透明水彩を買うと良いのではないでしょうか。

水彩用の絵筆

水彩画の道具を揃える場合に一番迷うのが、絵筆ではないでしょうか。



一番利用頻度の高い「丸筆」1つをとっても、細いものから太いものまで沢山あります。 また丸筆以外にも、フラットタイプだったりと種類が多く、初心者が最初から適切なものを選ぶのは難しいと思われます。

正直、どの筆が良いかは描く絵の内容やサイズによって異なってくるため、 一概にどれが良いとは言えません。

とりあえずは、細めの丸筆と太めの丸筆、さらには幅の広いフラット筆も揃えておくと便利でしょう。



あと筆の価格帯ですが、これもピンからキリまであります。

高い筆が使いやすいことは確かなのですが、最初から高い筆を買っても、 それが自分の絵の描き方にあっているとは限らないため、まずはナイロンを使った数百円くらいの安いものでOKです。

描いているうちに、どのような筆があると便利かがわかってくるので、 ある程度上達してから買い替えることをおすすめします。

絵の具を置く・混ぜるためのパレット

絵の具を置いたり混ぜたりするために、細かい仕切りのついたパレットと、 やや大きめの小皿を用意しましょう。



パレットにはプラスチック製、アルミ製、陶器製などがあり、 陶器が壊れにくくてベターです。

学校の授業などではプラスチックの平たいパレットが使われていたのではと思いますが、 水彩画の場合はやや使いづらいです。

なのでパレットと、陶器製の小皿を併用すると良いでしょう。



もちろん、小皿は高いものでなくても大丈夫です。

私自身は300円ショップで見つけた、おかず用の細かい仕切りが付いた陶器皿を使っていたことがありますが、 全く問題ありません。

水彩紙

水彩画には専用の紙が必要です。



紙も筆などと同じく、水彩紙には質感や厚みなどに様々な種類があり、初心者の場合だとどれを選ぶかで迷うと思います。

画用紙なら何でもよいのでは?と思われる方もいますが、 水彩は水を多く使うため、紙の質によってはデコボコとしてしまったり滲みが出てしまったりと、 絵の出来栄えに影響が出やすくなります。

なので安物の紙に比べるとやや高いのですが、水彩用の画用紙を購入してください。



ちなみに水彩紙には、紙のキメを表す荒目、中目、細目といった分類と、 厚み等の違いがあります。

自分に何があっているかは使ってみなくてはわからないのですが、 最初は中目で、厚すぎず薄すぎずの用紙を選ぶのが無難でしょう。

薄手だと150~190g/㎡くらい、厚手のものだと300g/㎡くらいです。(記載されているはずです)

何を選べばよいかで迷った場合は、 ホワイトワトソン あたりの水彩紙を選んではどうかと思います。

好き嫌いはありますが、初心者でも使いやすいはずです。

筆洗

筆洗とはその名の通り、筆を洗うための専用の容器です。



ふであらい…と読んでしまいそうですが(私だけ?)、「ひっせん」と読みます。 かなり昔、「ふであらい」と読んでしまって恥をかいたことがありますので、一応ここでも念を押しています(苦笑)

名前からは思い浮かばないかもしれませんが、 学生自体に学校で利用していたはずです。

筆洗に関してはどのようなものでもOKですが、 筆を洗う目的で利用するための道具であるため、仕切りが多いほど使いやすいと思います。


水彩画を短期間で上達させるコツ

水彩画は他の絵画のジャンルとは異なり、描くのにコツが要ります。

他のジャンルだと絵を描くのが上手い人であっても、水彩画となると上手く描けないのはそのコツを理解していないからです。

コツを理解せず、練習を重ねてもなかなかうまくならないでしょう。
また教室へ通っても、やはり上達しません。



水彩画を最短で上達させるコツとはずばり、プロの水彩画の描き方を真似ることです

もしこれから水彩画を上達させるために絵画教室へ通おう、教材を買って勉強しようと考えているのなら、以下の通信講座をご覧になってみてください。

有名画家である上西竜二先生の描き方を自宅で学べる、初心者向けの水彩画DVD講座です。

・プロの水彩画の描き方を1から10まで真似ることができる
・筆の使い方や色の混ぜ方もわかる
・デッサンの仕方も学べる
・好きな時間に学べて、教室へ通うよりも確実に上手くなる



水彩画の本を読んでも上達しなかった方や、教室へ通ったけれど挫折してしまったという方に特におすすめの講座です。

単に描いて練習するよりも、効率の良い方法でプロの描き方を学べ、 自分の水彩画に生かすことができます。

講座なんて続くのだろうかと心配に思われるかもしれませんが、この講座のやり方なら上達が早いため、楽しみながら練習できるはずです。

1年も2年も教室へ通うよりも、安く済むところも魅力です。



なお、今だけの限定無料特典として、 以下の豪華な特典が付属します。



おまけとは思えないくらい魅力的な特典です。
はじめるのなら特典プレゼント中が絶対お得だといえるでしょう。



この講座、購入者からも大変高い評価をうけているんですよね。
まずはチェックしてみましょう。


関連記事


ページトップへ