水彩画を描くコツについて

水彩画を最短で上達させるコツや、知っておくと役立つ情報を掲載しています。

水彩画を描くコツについて

  1  
自宅でも風景画は描ける!家にいながら様々な水彩画を描く方法について解説
実際の風景を見なくては、絵を描くのは難しい。そう思い込んでいらっしゃる方は結構多いのですが、家にいても風景画は描けます。今回は、自宅にいながら様々な水彩画を描く方法について解説します。

水張り不要の水彩用紙は?ヨレヨレを気にせず水彩画を描こう
水彩画は紙がよれやすいため、水張りという作業が欠かせません。ですが結構面倒なのですよね。今回は、水張り不要で使える水彩用紙をご紹介します。

水彩用紙の保存方法 水彩用紙の風邪引きを防ぐための対策について解説
水に強いといわれる水彩用紙ですが、実は湿気には弱いということをご存じでしょうか?湿気で劣化してしまうと、もうその用紙はまともに使えません。今回は水彩用紙の保存方法について解説します。

水彩画の塩加工(技法)がうまくいかない… 水彩画を塩で装飾するコツについて解説
水彩画の技法のひとつに、塩を使った装飾方法があります。塗った水彩絵の具の上に塩を落とすだけ…ですが、思い通りに行かないことが少なくありません。今回は、水彩画を塩で装飾する方法と、模様を出すコツについて解説します。

水彩画上達の一番のコツは「数をこなす」ことじゃなく「テクニックを身に付ける」こと
水彩画の上達には、沢山描いて数をこなすこと。なんて言われることがありますが、実は数をこなすのは効率の悪い練習方法です。水彩画を最短で上達させるには、数をこなすよりもテクニックを身に付けるに限ります。今回は、水彩画を短期間で上達させるための方法について解説します。

水彩画で紙がヨレヨレ・ボコボコになるのを防ぐには?
水彩画を自己流で描く場合に気を付けなくてはならないのは、紙のヨレです。特に透明水彩は水をたくさん使うため、紙が水を吸ってヨレヨレ、ボコボコになります。そうなってしまうと、せっかく描いた絵が台無しです。今回は、水彩画で紙がよれるのを防ぐ方法について解説します。

プロ直伝の水彩画講座の魅力は、いきなり上手に描けるという点
透明水彩を利用した水彩画は、絵画の中でも難しいジャンルのひとつです。上西先生の水彩画講座は、そんな透明水彩を初心者でもすぐに上手に描けるようになるそうですが、本当でしょうか?

水彩画の練習は「本」ではなく「動画」でやるべき その理由について解説
水彩画をきれいに描けるようになりたいと、専門の本を買う人は多いようです。ただ、水彩画は本を参考にしてもあまり上達しません。本ではなく、動画を使った方が効率よく上達します。その理由について解説。

絵は上手いのに水彩画は上手く描けない 上手く描けるようになるには
絵を描くのは上手いのに、水彩画になると上手く描けなる人は結構多いです。かくを言う私も絵は上手い方ですが、水彩画は苦手です。今回は水彩画が上手く描けない理由と、上手く描けるようになる方法について解説します。

初心者に!水彩画が最短で上達するコツについて解説
水彩画が上手く描けないという人、少なくありません。道具の使い方に癖があるため、絵が得意であっても水彩画だけは上手くできないという人、結構います。今回は、そんな水彩画をうまく描くコツについて解説します。

  1  
ページトップへ