水彩画を上達させるヒント

水彩画を最短で上達させるコツや、知っておくと役立つ情報を掲載しています。

水彩画を上達させるヒント

透明水彩による水彩画を上達させたい。
そんな方に向けて「効率よく上達する」ための考え方や、練習のコツについて解説しています。

なかなか上達しない。
そんな方はただがむしゃらに描くのではなく、練習の仕方を見直してみてはいかがでしょうか?
  1  2   > next
グラニュレーション色の性質を理解して水彩画を描こう
絵の具には、グラニュレーション色と呼ばれる顔料の粒子が大きいタイプの色があります。ザラっとした質感になるため扱いに注意が必要な色ですが、逆にその質感を利用することもできます。今回は、そんなグラニュレーション色の特徴についてお話しします。

水彩で建物を上手く描く方法 透視図法を使った描き方についてわかりやすく解説
水彩で建物のある風景を描くことが多いけれど、建物が上手く描けない。そんな方向けに、建物を描くときに欠かせない「透視図法」を使った描き方についてわかりやすく解説します。

水彩画の「下絵」が上手く描けない…絵が下手な人の絵画練習方法について解説
水彩絵の具はそこそこ上手く使えるけれど、肝心のベースとなる絵が下手…。そんな方結構多いです。今回は絵がうまくなりたい人向けに、超初心者向けの絵の練習方法について解説します。

水彩の風景スケッチで知っておくと絶対役立つ「遠近法」について解説
水彩用に風景をスケッチしているけれど、奥行きがうまく出ない。そんな初心者向けに、奥行きのある絵を描くのに欠かせない遠近法について解説します。遠近法について知っているだけで、水彩画がぐんと上達するはずです。

水彩で木をきれいに描くコツについて解説 初心者でも木らしい木が描ける!
風景などを水彩で描いていると、高頻度で登場するのが「木」。今回は、この「木」をきれいに描くコツについて解説します。初心者でも簡単に木らしい「木」が描けるようになりますよ。

水彩画のスケッチ(下書き)を速く・きれいに描くコツについて解説
スケッチが苦手…。そんな方は少なくありません。水彩用のスケッチに出かけたはいいけれど、下書きに時間がかかると彩色までたどりつきません。今回は、水彩用のスケッチを速く、かつきれいに描くコツについて解説します。

水彩で写実画を描きたいという人に「水彩画レッスンノート」をおすすめする理由
写実画を水彩で描きたいけれど、上手く描けない…。そんな方に手に取っていただきたいのが、「水彩画レッスンノート」という本。なぜおすすめなのか?についてまとめてみました。

何度やっても水彩画が上手く描けない そんな初心者に伝えたい上手く描くためのコツ
水彩画を練習しているけれど上手く描けない。なので同じ絵を練習しているけれど、やはり納得いくように描けない。それは、そもそも練習の仕方が間違っているからです。今回は、納得いく水彩画を描くための練習のコツについてお話しします。

初心者の水彩画学習に「技術」や「理論」はNG 初心者でも続けやすい練習方法について解説します
初心者の方が水彩画を描けるようになりたいのなら、とりあえず「技術」や「理論」など難しいことは後回しにしてください。記事では、初心者でも続けやすい練習方法について解説しています。

水彩画が長く続くかどうかは上達が早いかどうかにかかっている
水彩画をはじめてみたけれど、一向に上達しないのでもうやめたい…。そんな人いると思います。絵は上手く描けなくては楽しくありません。今回は、水彩画を長く続けるための秘訣についてお話しします。

  1  2   > next


▲教室へ通わず水彩画を上達させたい。そんな初心者向けの水彩画講座です。
ページトップへ