水彩画のテクニックを磨こう

水彩画を最短で上達させるコツや、知っておくと役立つ情報を掲載しています。

水彩画のテクニックを磨こう

水彩画のテクニックを向上させるための効率的な練習方法や、 練習に使える便利な本、アイテムを紹介しています。

初心者向けです。
  1  2   > next
水彩の重ね塗りが上手くいかない きれいに色を重ねる方法とは
透明水彩では、紙に色を何度も塗り重ねることで深みのある色を表現しますが、色を重ねると下の色が溶けだしてしまう…なんてお悩みをお持ちの方、おられるかもしれません。今回は、きれいに色を重ねる塗り方について解説します。

水彩でハードエッジを作る方法について解説
水彩の技法のひとつである「ハードエッジ」。塗った絵の具の輪郭を出すことで、シャープな雰囲気を演出することができます。このハードエッジの作り方について、わかりやすく解説します。

透明水彩の表現の幅を広げる技法について解説【便利な技法編】
透明水彩の技法の中より、知っているとより表現の幅が広がる便利な技法をご紹介します。頭に入れておくと、水彩制作でいつか役立つこともあるはずです。

透明水彩でよく使う技法についてわかりやすく解説【基本編】
透明水彩の本を見てると、たびたび技法に関する専門用語が登場します。今回は、そんな水彩の技法の中より、よく使われる基本的なものについてわかりやすく解説します。とりあえず覚えておくと、水彩を描いていくうえで役立つこともあるはずです。

透明水彩での色塗りは計画的に行うべき その理由とコツについて
透明水彩で色塗りするとき、色を載せる順番を考えずに塗っていませんか?透明水彩を使った絵をイメージ通りに仕上げたいなら、計画的に塗る必要があります。その理由と、塗るときのコツについて解説します。

透明水彩で白色を表現する場合のマスキングインク活用方法
透明水彩では白色は使いません。白は、色を塗らないことで表現することが多いのですが、時に難しい場合があります。そんな場合に活用したいのが、マスキングインク。活用方法について解説します。

スケッチブックに水彩画を描くと用紙がボコボコする…を防ぐ方法
水張りをするのが難しい、スケッチブックの用紙のボコボコをどうにかしたいという方向けに、ボコボコにならない方法について解説します。

透明水彩で色をムラなく塗るコツについて解説
水彩絵の具で色を塗るとムラができてしまう。そんな悩みをお持ちの方は少なくないと思います。今回は、水彩でムラなく塗るコツについて解説します。

半透明水彩絵の具で、透明水彩っぽく描きたい そのコツは?
水彩絵の具にはいくつかの種類があります。その中の一つである「半透明水彩」絵の具(マット水彩)を使って、透明水彩風の絵を描きたいとお考えの方、おられると思います。今回はそのコツについて解説します。

水彩画の保存方法について解説 正しく保存しないとカビが生える可能性も…
水彩画を描いた用紙の保存方法について解説。正しい方法で保存しないと、カビが生えたり色が褪せてしまったりするので注意が必要です。

  1  2   > next


▲教室へ通わず水彩画を上達させたい。そんな初心者向けの水彩画講座です。
ページトップへ