初心者の水彩画練習

水彩画を最短で上達させるコツや、知っておくと役立つ情報を掲載しています。

きれいな水彩画を描くにはどうすればよい?



水彩画をはじめる人、最近増えています。

水彩画って油絵のような他の絵画と比べてお金がかからないこと、またいつでもどこでも気軽に描きやすいため、趣味としてはじめる人が増えているようです。

ちょっとした挨拶のためのハガキに水彩画を描けたら、なんとなくお洒落ですよね。

また水彩画が趣味だと友人に話せたら格好良いですし、絵を描くこと自体が脳のトレーニングになるなど実にさまざまなメリットがあります。

そんな素敵な水彩画ですが、

・思い通りの絵が描けない
・色の使い方がいまいちわからない
・練習をしても全然上達しない

などと悩んでいる人は少なくありません。

水彩画って絵がうまくない方でも、コツさえつかめばそれなりにクオリティの高い絵が描けるはずなのですが、思うように描けないという方は本当に多いです。

何度挑戦しても上手く描けずに、才能がないからやめた方が良いのかも…なんて止めてしまう人もいますが、それってとてももったいないことです。

なぜなら、あなたが水彩画をうまく描けないのは才能がないからではなく、単に描き方を知らないだけという可能性が高いからです。



上手く描きたいのに描けない…。

そんな人はまず、水彩画を使った描き方のコツについて学んだうえで描く練習をしてみてください。

水彩画上達の近道は「描き方のコツ」をつかむこと



水彩画が上手く描けないのは、描き方のコツを知らないからです。

絵があまりうまくない初心者であっても、描くコツさえつかむことができれば、思い通りの水彩画を描くことができるようになるはずです。

といっても、どうやってコツをつかめばよいの?なんて、疑問に思う人も多いでしょう。



水彩画の上達に一番効率的なのは、上手い人の描き方をそっくりそのまま真似することです。

水彩画に限らず、人の描き方を真似することは絵画上達の効果的な方法だといわれており、 実際にそうやって練習している人は多いです。

しかし真似することがなぜ上達に繋がるのか?



その理由ですが、真似をすることで上手い人のテクニックをそのまま身に付けることができるからです。

筆の動かし方をはじめ、色の選び方や影の付け方など、描くものや場所によって描き方のコツがあり、 その通りに描くことでそれらしく見えるように描くことができます。

場面によって描き方や色の使い方を変える必要があるのですが、 初心者は全てを同じように描き、単純な色の選び方をしてしまうために上手く描けません。

そんな描き方で練習を繰り返したとしても、まずきれいな水彩画は描けないでしょう。というか描けなくて当然ともいえます。

いつまでたっても上達せず、挙句の果てに「才能がないから描けないんだ」とあきらめてしまうんですね。

素敵な水彩画を描けるようになりたいのなら、まず上手な人から水彩画の描き方のコツを学びましょう。

参考記事:水彩画上達の一番のコツは「数をこなす」ことじゃなく「テクニックを身に付ける」こと

水彩画の描き方のコツはどうやってつかめばよい?

水彩画は上手な人の描き方を真似するのが一番だと述べましたが、具体的にはどのように学べばよいのでしょうか?



一番手っ取り早いのは、水彩画を教えてくれる絵画教室へ通うことです。

教室では当然ながら、先生に描くコツを教えてもらえますし、実際に描いているのを見る機会もあるでしょう。

また先生のほかにも絵が上手い人は必ずいますので、そういった方の描き方を参考にすることもできます。

わからないことがあればその場で即たずねることができるのも、教室へ通う大きなメリットです。



ただ、なかには教室へ通うのが難しい人もおられますよね。

教室へ通うには時間も必要ですし、教室代や画材、通うための交通費など何かと費用がかかります。

時間や費用がかかる割に、実際の練習はスローペースで進められることが多く、ある程度の絵を描けるようになるまでには時間がかかります。

通う教室の種類や通う頻度にもよりますが、ある程度テクニックを身に付けるには少なくとも1年以上、長いと2年はかかるでしょう。

2年なんて、続くかどうか…ですよね。
もっと簡単に、短時間で上達できないのかと考える人も多いのではないでしょうか。



先にも述べた通り、時間や費用をかけられるのなら教室がおすすめですが、教室へ通うのが難しい人、また通うのが気が進まない人にはこれからご紹介する「水彩画講座」の利用がおすすめです。

講座と一口に言ってもさまざまなタイプがありますが、ここでご紹介するのは自宅で学べるタイプの講座で、自分の好きな時に好きなだけ水彩画の練習ができます。

また動画を使ってプロの筆使いやテクニックを学べるようになっているため、「上手な人の描き方を真似する」という効率の良い練習方法を実現できます。

参考記事:水彩画の練習は「本」ではなく「動画」でやるべき その理由について解説



マイペースな人にとっては、教室へ通うよりも講座を利用した方が自分ペースで学習が行えるため、かえって上達がはやいかもしれません。

かかる費用も、教室へ1年2年通うことに比べると安いです。


水彩画を短期間で上達させるコツ

水彩画は他の絵画のジャンルとは異なり、描くのにコツが要ります。

他のジャンルだと絵を描くのが上手い人であっても、水彩画となると上手く描けないのはそのコツを理解していないからです。

コツを理解せず、練習を重ねてもなかなかうまくならないでしょう。
また教室へ通っても、やはり上達しません。



水彩画を最短で上達させるコツとはずばり、プロの水彩画の描き方を真似ることです

もしこれから水彩画を上達させるために絵画教室へ通おう、教材を買って勉強しようと考えているのなら、以下の通信講座をご覧になってみてください。

有名画家である上西竜二先生の描き方を自宅で学べる、初心者向けの水彩画DVD講座です。

・プロの水彩画の描き方を1から10まで真似ることができる
・筆の使い方や色の混ぜ方もわかる
・デッサンの仕方も学べる
・好きな時間に学べて、教室へ通うよりも確実に上手くなる



水彩画の本を読んでも上達しなかった方や、教室へ通ったけれど挫折してしまったという方に特におすすめの講座です。

単に描いて練習するよりも、効率の良い方法でプロの描き方を学べ、 自分の水彩画に生かすことができます。

講座なんて続くのだろうかと心配に思われるかもしれませんが、この講座のやり方なら上達が早いため、楽しみながら練習できるはずです。

1年も2年も教室へ通うよりも、安く済むところも魅力です。



なお、今だけの限定無料特典として、 以下の豪華な特典が付属します。



おまけとは思えないくらい魅力的な特典です。
はじめるのなら特典プレゼント中が絶対お得だといえるでしょう。



この講座、購入者からも大変高い評価をうけているんですよね。
まずはチェックしてみましょう。






サイトの最新記事一覧

絵が下手だから水彩画は無理…というのは間違い 絵は簡単に上達させられる
水彩画に興味があるけど、絵が下手なので自分には無理。そんな風に思っていらっしゃる方、結構おられます。確かに絵が下手だと、最初は気持ちよく描けないかもしれませんが、実は絵ってコツさえつかめば簡単に上達します。そのコツとは?記事で解説します。

顔彩で描いたはがき絵(絵手紙)をコーティングしたい どのようにすればよい?
顔彩で描いたはがき絵(絵手紙)の「絵」を、保護のためにコーティングしたい。そんな方、結構多いです。顔彩で描いた絵をコーティングするには、一体どのようにすればよいのでしょうか?記事で解説します。

なぜ水彩画が「脳トレ」になるのか?絵を描くことが頭の運動になる理由をわかりやすく解説
水彩画を描くことは、脳のトレーニングになるといわれます。絵を描いているだけで頭の運動になるなんて、良いですよね。しかしなぜ、絵画が脳トレになるのでしょうか?その理由について解説。

はがき絵(絵手紙)の紙の毛羽立ちをなくしたい 毛羽立たせずに絵を描く方法は?
はがき絵(絵手紙)用のはがきに絵を描くと、どうしても紙の表面が毛羽立ってしまう。そんな悩みをお持ちの方、おられると思います。なぜ毛羽立つのでしょうか?また毛羽立ちを抑えるには?記事で解説します。

はがき絵(絵手紙)に「普通の水彩絵の具」は使わないほうがよいの?
水彩絵の具ではがき絵(絵手紙)を描きたい。けれど、普通の水彩絵の具ではダメだと聞いた。そんな方、いらっしゃるかもしれません。はがき絵に一般的な水彩絵の具は向いていないのでしょうか?またそうだとしたら、どんな絵の具を使えばよいのでしょう?

透明水彩を固めた「パレット」は作る必要がある?だとしたらその理由は?
透明水彩の絵の具は、あらかじめパレットに出して固めておかなくてはならない。初心者の中に、そう思い込んでいる人がたまにいます。透明水彩のパレットは作った方が良いのでしょうか?またそのメリットは?

【自宅でできる】透明水彩の講座に挑戦してみませんか?絵画の練習で時間を有意義に使おう
コロナの影響で外出できない。この時間を有意義に使いたい…という人にお勧めしたいのが、透明水彩(水彩画)のDVD講座。自宅にいながら、プロのテクニックを一から学べる講座です。1か月もあれば、堂々と絵画が趣味だといえるくらい上達します。

半透明水彩絵の具で、透明水彩っぽく描きたい そのコツは?
水彩絵の具にはいくつかの種類があります。その中の一つである「半透明水彩」絵の具(マット水彩)を使って、透明水彩風の絵を描きたいとお考えの方、おられると思います。今回はそのコツについて解説します。

水彩絵の具の種類について 透明水彩と不透明水彩はどう違う?
水彩というと小学生の頃などに使っていた絵の具を思い浮かべますが、実は水彩絵の具にはさまざまな種類があります。今回は、水彩絵の具の種類やその違いについてわかりやすく解説します。

何度やっても水彩画が上手く描けない そんな初心者に伝えたい上手く描くためのコツ
水彩画を練習しているけれど上手く描けない。なので同じ絵を練習しているけれど、やはり納得いくように描けない。それは、そもそも練習の仕方が間違っているからです。今回は、納得いく水彩画を描くための練習のコツについてお話しします。

  1  2  3  4  5   > next
ページトップへ