【自宅でできる】透明水彩の講座に挑戦してみませんか?絵画の練習で時間を有意義に使おう

水彩画を最短で上達させるコツや、知っておくと役立つ情報を掲載しています。

自宅で透明水彩の講座に挑戦しませんか?時間を有意義に使おう



コロナの影響で外出を控えなくてはならず、やることがなくて暇…。そんな方、少なくないようです。

最初はネットやテレビ、本やゲームで時間をつぶしていたけれど、それも限界がありますよね。

何かやることないかな…。



そんな方にご紹介したいのが、自宅でできる透明水彩の講座です。

主にはDVDの映像とテキストを使って、水彩画の描き方について基礎から応用まで学ぶというもので、 これが特に初心者の方に受けています。

この講座独自のユニークな教え方でレッスンを進めていくため、難しい練習が続かない人でも大丈夫。

全く絵を描いたことがないような初心者でも、キレイな水彩画が描けるようになります。

絵に興味がある。
空いた時間を有意義に使いたい。

そんな方は時間に余裕のある今こそ、挑戦してみてはいかがでしょうか?

自宅でのレッスンで本当に上手く描けるようになるの?受講者の声を紹介



教室だと、直接先生に描き方のコツを教えてもらえますよね。
ですが通信講座は、テキストや映像を自分で見て聞いて学ばなくてはなりません。

ご紹介している講座もメールでのアフターフォローはあるものの、基本的には自分一人で学ぶものです。

独学で何かを学んだことがない人だと、本当に一人で学習して水彩画が上達するの?なんて疑問を持ってしまうかもしれません。



ですが大丈夫です。

この水彩画講座の受講者の中には、70歳を優に超えている方や、水彩画が全く初めての人も少なくありません。

ですがそんな方でも、描いた本人もびっくりするくらいの水彩画が短期間で描けるようになっています。

本当なのかな…って思いますよね?

以下、受講者の方の声の一部を簡単にご紹介します。
(著作権の関係上、一部表現を変えて掲載しています)

実際に先生が描いて説明しているので勉強になる

本とは異なり、DVD教材は実際に先生が描いて細かく説明しているので、非常に勉強になる

先生の講座に出会えてよかった

先生と縁がなかったら、風景を描くときにいろんな色を重ねてベタ塗りしてしまい、汚かったと思います。

これが水彩…とおもえるくらい、キレイな絵に仕上がり、また下手ではありますが希望が持てるようになりました。

アフターフォローのメールが素晴らしい

時間を有効に使いたいと思って、水彩画をはじました。
教室へ通った経験もありますが、納得いく先生の指導さえあれば自分一人でも十分学べます。

あと、このような講座は普通は売り切っておしまいですが、この講座はアフターフォローのためのメール配信があります。

素晴らしいと思います。

楽しくて仕方がありません

現在70歳を超えます。
絵が描けるようになりたかったのですが、絵画教室には行きたくありません。

ですが、早速買ってきた絵具で着色してみて、筆の使い方や絵の具の含ませ方など、習わなければ分からないと実感し。

そうしてネットで絵画教室を探しているときに、この講座を見つけました。

注文させていただき拝見しましたが、とても分かりやすいです。描き方だけでなく、道具の話なども色々なさっているのは、大変ありがたいです。

楽しくて仕方がありません。
今後も続けていきたいと思っています。

小学生に笑われるレベルだったが

絵が下手で、小学生の息子に笑われるレベルだったが、先生のレッスンのおかげで素敵な絵が描けました。ありがとうございます。

描き方がわかると、絵を描くのが楽しい

定年後に絵を始めてみたが、複雑なものを描こうとすると、どこから描けばよいのか…と筆が止まっていました。

ですがこの講座で学び、その通りにやってみると、描きたかったような絵が描けるように。 描き方がわかると、絵を描くのがもっと楽しくなりました。

水彩画なのに立体感が出せるようになったのも、この講座のおかげです。



上記はほんの一部ですが、絵が下手とさえいえるレベルの方でも、先生の教えにそってしばらく練習することで、 納得できるレベルにまで上達していることがわかります。

絵画って、描くコツを身に付けるだけで短期間で上達させられるんですよね。

あと小難しい講座だと、特に初心者は途中でやめてしまいやすいのですが、 挫折せずに続ける人が多いという点もこの講座のポイントです。

初心者にも続く工夫とは?



通信講座は、自分の意志で学習を続けなくてはなりません。

なので講座の学習内容が面白くなかったり、小難しい内容だったりすると最後まで続きません。

学習が続かないのは、自分に根気がないから…と思いがちですが、実は講座の内容自体にも問題があるのですよね。。

初心者には難しすぎたり、いかにも勉強という感じで面白く思えないものが多いんです。



その点、ご紹介している上西先生の水彩画講座は、初心者でも楽しんで水彩画を学び続けられるよう特殊な学習方法を取り入れています。

デッサンや小難しい絵画の理論から学ぶのではなく、いきなり色を塗るところからはじめるようになっているんです。

色塗りは、水彩画制作の醍醐味です。
描いてきた下絵に色を付けるところが、絵画では一番楽しいところなんですよね。

いきなり色塗りから始めても、うまくいかないのでは?

と思われる方もおられるかもしれませんが、下絵には先生の描いたものを使用し、 さらに細かい塗り方をDVDで教えてくれます。

なのでどんな絵が下手な人であっても、先生の描き方を真似するだけで、そこそこキレイな絵が出来上がります。



楽しく色塗りができて、さらにキレイな絵が出来上がることで達成感も得られるんです。

小難しいところをすっ飛ばして「絵を描き上げる楽しさ」を実感できるので、やめようという気になりません。

そのように、初心者でも楽しく続けられる工夫があちこちに散りばめられているため、 初心者であっても最後まで練習を続けることができます。

講座の教材って高そう…そんな風に思っていませんか?



通信講座の教材って、どれもそこそこのお値段がします。
なのでよさそうだけど、高そうだな…なんて躊躇してしまうかもしれません。

確かに、本講座も一般的な通信講座なりのお値段です。
高額というほどではありませんが、市販されている水彩画の本を買うよりは確実にお金がかかります。



ですが考えてもみてください。
水彩画教室に通ったとすると、ひと月あたりで1万円近くします。

ですが、教室にひと月だけ通ってやめるという人はいませんよね。 多分それだと、基礎すら習得できないと思います。

絵画教室となると、1年、2年と通い続けるのが普通です。
1年、2年通ったとすると、かかる費用は軽く10~20万円を超えてきます。

もちろんこれは教室の費用のみで、教室で必要な画材であったり、交通費や付き合いの費用など、 教室の費用以外にもお金はかかってきます。

教室通いって、実は分割払いで高額な教材を買っているのと同じことなのですが、 意外とこれに気付いていない人は多いんですよね。



対して、今回ご紹介している通信講座は、税込みで3万円を少し超える価格です。

教室の月謝が1万円なのに対し、いきなり教材が3万円…といわれるとなんとなく高く感じてしまいますよね。

ですが、お金がかかるのはそれだけ。



その費用で、基礎、色塗りやデッサン、応用編など、全80項目以上の水彩画テクニックを学べます

それだけのテクニックを絵画教室で学ぶとなると、やはり1~2年は真剣に通わなくてはなりません。

そう考えると、高いというよりは「お手頃」とさえいえるのではないでしょうか?

まずはレッスン内容をチェックしてみよう

ここまで読んで、

上西先生の水彩画講座、良さそうだな。
でも自分にできるか不安。

そう思われた方もおられると思います。
そんな方は、まず講座のレッスン内容をチェックしてみましょう。



以下では、講座のレッスンが実際にどのような流れで進むのかについての説明を見ることができます。

それを見てから、できそうかそうでないかを判断してみても良いのではないでしょうか?

いろんな通信講座がありますが、水彩画の通信講座でこれほど初心者にとっつきやすく、効率的に学べるものってないと思います。

興味を持たれたなら、まずはチェックしてみましょう。



関連記事







ページトップへ