水彩の基礎を全く知らない人でもできる「水彩画講座」

水彩画を最短で上達させるコツや、知っておくと役立つ情報を掲載しています。

水彩の基礎を全く知らない人でもできる「水彩画講座」について



大人になってから、
水彩画を描いてみたくなった。

最近そういう方が増えています。



昔絵を描いていたとか、これまでに何らかの絵を描かれていた方であれば、 独学であってもすぐに上手な水彩画が描けるようになるでしょう。

ですが絵を描くこと自体に慣れていない初心者の場合。

水彩以前に、きちんと絵を描くことができないため、独学だとなかなか上手く描けるようになりません。

上手く描けないので、
途中で嫌になって辞めてしまいます。

せっかくやる気を出してはじめたのに、もったいないですよね。



当サイトでは、そんな水彩の基礎を全く知らない初心者でも、 最短で一通りの基礎とテクニックを身に付けられる「水彩画講座(透明水彩)」をご紹介しています。

水彩は気軽に始められる一方で、上手く描くのには一定のコツが要ります。

だからこそ独学では難しいのですが、当講座ではできるだけ楽に、水彩画を上達させられる練習方法でレッスンを進めていきますので、 難しいことが苦手な人でも大丈夫。

教室へ通うよりも安上がりに、自宅にいながら最短でキレイな水彩画が描けるようになります。

一体どんなすごい講座なの?って思いますよね。

というわけで今回は、当サイトでご紹介している水彩画講座のポイントについてわかりやすくまとめてみました。

絵は沢山練習…よりも、まずは描き方のコツを身に付けるべき



絵は描けば描くほど上手くなるといわれます。

それは嘘ではありませんが、ただやみくもに絵を描いてもイマイチな出来の絵が量産されるだけで、 思い通りに描けるようにはなりません。

効率よく絵を上達させたいなら、絵をたくさん描く前に、 まずは描き方のコツを身に付ける必要があるんです。

水彩…透明水彩は、特にその傾向が強いといえるでしょう。



例えば空に浮かぶ雲や、波の様子を水彩で描こうと思ったとき、あなたならどのように描くでしょうか?

多分ほとんどの初心者は、上手く描けなくてよくわからない絵になってしまうというパターンが多いのではないでしょうか。

それを「絵が下手だから仕方ない」と理由付けしてしまう方は少なくないと思いますが、 実は上手く描けないのは絵が下手だからではありません。

上手く描けなかったのは、雲や波の描き方を知らなかったからです。



ここで想像してみてください。

もしすぐ目の前で、絵のプロである画家や先生が、水彩絵の具を使って「雲や波の描き方」のお手本を解説しながら見せてくれたとしたら?

絵の具の使い方や水の量、筆の動かし方など、水彩での描き方をすべて見ることができたとしたらどうでしょうか?

雲の表現の仕方や、波の飛沫が立つ様子など、実際に書いている様子を見れたとしたら、ものすごく参考になりますよね。

描き方を真似すれば、上手…とまではいかなくとも、それなりに上手く描けるのではないでしょうか。



いきなり「雲や波を描きなさい」、といっても初心者はどのように描けばよいかがわかりません。

なので適当にそれらしい色を選んで、雲らしくみえるように、波らしく見えるように半ば想像で描いてしまいがちですが、 他の部分を描くときと同じように描いているので、それらしく描けません。

しかし雲や波らしく見せる筆や水の使い方、いわゆる描き方のテクニックを知っていれば、 絵自体は下手でもそれなりに迫力のある絵が描けるようになります。

上手く描けないのは絵が下手だからではなく、描き方がわかっていないからです。



説明がくどくなってしまいましたが、 水彩画を効率的に上達させたいなら、まずは描き方のコツを身に付けるべきです。

描き方を知らずに絵をたくさん描いても、イマイチな絵が量産されるだけですので、 まずはたくさん描くよりも先にコツを身に付けましょう。

その水彩画のテクニックの習得を自宅で簡単に行えるようにしたのが、今回ご紹介している「いきなり上手に描ける水彩画講座」です。

「いきなり上手に描ける水彩画講座」のすごいところ

自宅で水彩画の基礎やテクニックが身に付けられる、プロ直伝の「いきなり上手に描ける水彩画講座」。

この講座のすごいところについて、簡単にご紹介します。

水彩画を上達させるコツが簡単にわかる

プロをはじめ、絵がうまい人は全てを同じように描くのではなく、部分部分で描き方を変えています。

ご紹介している水彩画講座では、そういったプロの描き方をDVD動画で見ることができるようになっています。

例えば

・色の作り方
・紙に色を置いていく順番
・細かい筆の動かし方

などなど…

実際に絵を描いていく様子を見ながら、1から10まですべての描き方のコツを知ることができます。

絵画教室などで先生に直接テクニックを教えて頂くのと、同じような感覚だといえばわかりやすいでしょうか?

とはいえ絵画教室だと、先生の描き方をそこまで細かくじっくり見ることはできませんし、 何度も繰り返して見せてもらうのは難しいです。

何より教室はレッスン時間や回数が短いため、1回のレッスンで身につくことって本当に少なく、 ある程度のテクニックを身に付けるまでにはかなりの時間を必要とします。



その点、当講座では、最初から「真似てもらうこと」「効率よくテクニックを身に付けること」を前提に作られているため、 とにかくわかりやすく無駄がありません。

すぐに覚えられなくても何度でも繰り返してみることができますし、 どんどん先へ進むこともできます。

プロならではの水彩画の描き方のコツを教えてもらえるという点も、大きいです。

深夜でも、早朝でも好きな時間に好きなだけできる



基本この水彩画講座では、DVDに収録されたレッスン動画を用いてレッスンを進めていきます。

教室やオンラインレッスンのように時間が定められていないため、深夜でも早朝であっても、好きな時間に好きなだけ レッスンを進めることができます。

これ、人によってはかなりメリットが大きいのではないでしょうか?



仕事や日常の雑事で忙しい人だと、そもそも教室に通うこと自体が難しいのですが、 スキマ時間にできる当講座なら時間を気にせずトライできます。

他の講座で見かけるような受講可能期間なども一切ないため、のんびりと時間をかけてやりたい人でも問題ありません。

マイペースに学ぶことができます。

相手とやり取りする必要がないため、先生がいると極端に緊張したり、ストレスを感じてしまうような人にもおすすめです。

教室通いよりも価格が安い

ご紹介している水彩画講座の大きなメリットの一つに、価格の安さが上げられます。



例えば絵画教室で、水彩画の基礎やデッサン、描き方のコツなどある程度の絵が描けるくらいのテクニックを学ぶ場合、 月に2~3回のレッスンだったとして少なくとも1年。

教室によってはそれ以上の期間通い続ける必要があります。

一般的な絵画教室に1年通いつづけたとすると、 単純に考えて月謝だけでも10万円前後、交通費や道具の費用なども合わせるともっとかかることがほとんどです。

月々のコストは大したことがありませんが、トータルで見ると結構費用が掛かるんですよね。



しかし当講座なら、教室へ1年以上通うだけのテクニックを身に付けられる内容を盛り込みながらも、 絵画教室へ通う費用の半分もかかりません。

価格は変化する可能性があるため、詳しくは講座のページに表示されている価格をご覧いただきたいのですが、 教室へ通うよりもかなりお手頃だということがわかると思います。

個人的には、その価格で名の知れたプロのレッスンが受けられるという点が、 ものすごくお得だと感じます。

全く絵を描いたことがない人にもおススメします



水彩画をはじめたいという初心者の中には、全く絵画の経験がない方もいます。

そんな初心者がご紹介している水彩画講座を利用したとして、果たして上手くなるのか?と不安にお思いの方もおられるのではと思いますが、 問題ありません。

これまで全く経験のない、完全な絵画初心者にも自信をもっておすすめできます。



もちろん、ある程度描ける人よりも上達までには時間がかかるでしょう。

ですが当講座では、頭が痛くなるような難しい説明は一切ありませんし、 基本見て真似ることを前提に作られているため、描き方が理解できないようなこともありません。

難しい部分についてはきちんと説明がありますので、 完全な初心者でも無理なくついていくことができるはずです。

水彩画を描いてみたい。

そう考えているのなら、まずは以下の水彩画講座のページでレッスン内容をご覧になってみてください。

初心者でも無理なくできるということが、おわかりいただけると思います。


関連記事







▲わずか3ヵ月で、風景スケッチに必要なテクニックの基本~応用までをすべて「自宅で」学べます。
ページトップへ