趣味の水彩画を上達させたい でも絵画教室に通うのはいや…どうすればよい?

水彩画を最短で上達させるコツや、知っておくと役立つ情報を掲載しています。

水彩画は上手くなりたい…けど絵画教室には通いたくない



趣味として水彩画に取り組まれる方、最近増えています。

水彩画は他の習い事に比べてコストがかかりにくいですし、自宅でも気軽にできます。 また水彩画を描いたことがある人は多いですから、抵抗感なくはじめやすいんですよね。

そんな気軽な趣味として人気の水彩画ですが、当然ながら上達させるにはそれなりのテクニックを身に付ける必要があります。

自己流ではなかなか上手くならないからと教室へ通う人が多いのは、そういった理由からです。

ですが、絵画教室に通うのが嫌な人もいますよね。 お金も時間もかかりますし、上手い人がいる中で初心者が描くのは気が引けます。

自宅で水彩画を効率よく上達させる…なんて都合の良い方法はないのでしょうか?

水彩画は自己流だと上達までに相当な時間がかかる



誰にも親しみがあって気軽にはじめられる「水彩画」ですが、 気軽にできるからといって簡単に描けるようになるわけではありません。

きれいな水彩画を描くには、それなりのテクニックが必要となります。

水彩画の上達には練習を重ねること…なんて言われることがありますが、 実は水彩画って沢山練習したからといって確実に上手くなるとは限らないんですよね。



もちろん、描かないよりは沢山描いた方が上達はしやすいでしょう。

ですが、水彩画の色の置き方や繊細な筆の使い方って、 練習を重ねただけでは身に付かないんです。

描き方を知らずに練習を繰り返したとしても、見当違いな練習になることが多く上達しません。

まずは描き方のコツをなんとなく把握したうえで、そのコツを活かせるように練習する必要があります。



それって、水彩画の上手い人にしてみると当たり前の事なんですが、 初心者にはそのようなことはわかりません。

なのでがむしゃらに練習をした挙句に、「全然上達しない」「自分は水彩画のセンスがない」など諦めてしまうパターンが少なくありません。

自己流では上達しないからと、絵画教室に通い始める人が多いのはそのような理由からです。

水彩画の本は初心者の練習には向かない



水彩画は自己流の練習ではなかなか上達しません。

描き方を知らずに練習を繰りかえしたとしても、よほどのセンスがない限りは上手く描けるようにはならないでしょう。

道具などは使いこなせるようになるかもしれませんが、水彩絵の具での表現のテクニックを知らないので上手く描けないんです。



とはいえ、絵画教室へ通うのはちょっと…なんて人も多いと思います。

そこで多くの初心者が取る行動パターンが、「水彩画を練習するための本」を買ってくるというものです。

本には本格的な事柄がたくさん書いてありますから、読んでいるだけでも絵が上手くなりそうな気がします。

実際、知らなかった知識を得られることもあるでしょう。



しかし…。

本で水彩画が上達したという人、あまり聞いたことがありません。

同じような本を何冊も買っては練習してみたけれど、全く上達しない…なんて人が少なくないんです。



それもそのはず、大半の本は水彩画の基礎知識をつけるのには役立ちますが、具体的な描き方がわからないものがほとんどです。

クオリティの高い水彩画を描くには、色の作り方や筆の使い方のコツをマスターする必要がありますが、 本を見ただけではその方法が理解できません。

描き方について触れられてはいるものの、本で表現・説明できることには限界がありますから、 具体的な描き方を知ることが難しいんです。



水彩画の参考書は、もともと水彩画の上手い人が「構図やモチーフの参考」にするには悪くないものだと思いますが、 初心者が水彩画の練習に本を使うのは、あまりよい方法とは言えないでしょう。

何冊も買うと費用もかさみます。
上手くならないのなら、買っても無駄です。

上達させたいなら絵画教室へ でも通いたくない…



水彩画は描き方のコツを知らないと、練習を重ねても上達しません。

なので、効率よく上達させたいのなら、描き方を教えてくれる絵画教室へ通うのがベターな選択だといえるでしょう。

ただ絵画教室へ通ったとしても、ある程度の水彩画のテクニックを身に付けるまでには少なくとも1~2年はかかります。

一度に描き方のコツを教えてはくれませんから、どうしてもそのくらいかかってしまうんです。

上達までにかかる時間や教室の費用を考えると、絵画教室はムリ…なんて人もおられるはずです。



しかし先にも書いたように、自己流であったり本を使った練習は無駄が多くおすすめできません。

となると、自宅で効率よく水彩画を上達させるのは難しいのでしょうか?



先にも述べたように、水彩画を上達させたいのなら教室へ行くのが無難です。

しかしそれが難しい、通うのはイヤだというのであれば、自宅でできる水彩画講座を利用してみてはいかがでしょうか?

ある程度絵が描ける人向けの講座ではなく、絵に不慣れな初心者向けのカリキュラムを提供している講座が良いでしょう。

講座と一口に言ってもさまざまなタイプがあり、中にはおすすめできないものもあるのですが、 プロの画家である上西先生直伝の「いきなり上手に描ける水彩画講座」なら、 初心者でも効率よく水彩画の描き方のコツを身に付けられるはずです。

この講座、ちょっと他ではみたことがないような独特のレッスン内容を採用しているのですよね。

次項をご覧ください。


水彩画を短期間で上達させるコツ

水彩画は他の絵画のジャンルとは異なり、描くのにコツが要ります。

他のジャンルだと絵を描くのが上手い人であっても、水彩画となると上手く描けないのはそのコツを理解していないからです。

コツを理解せず、練習を重ねてもなかなかうまくならないでしょう。
また教室へ通っても、やはり上達しません。



水彩画を最短で上達させるコツとはずばり、プロの水彩画の描き方を真似ることです

もしこれから水彩画を上達させるために絵画教室へ通おう、教材を買って勉強しようと考えているのなら、以下の通信講座をご覧になってみてください。

有名画家である上西竜二先生の描き方を自宅で学べる、初心者向けの水彩画DVD講座です。

・プロの水彩画の描き方を1から10まで真似ることができる
・筆の使い方や色の混ぜ方もわかる
・デッサンの仕方も学べる
・好きな時間に学べて、教室へ通うよりも確実に上手くなる



水彩画の本を読んでも上達しなかった方や、教室へ通ったけれど挫折してしまったという方に特におすすめの講座です。

単に描いて練習するよりも、効率の良い方法でプロの描き方を学べ、 自分の水彩画に生かすことができます。

講座なんて続くのだろうかと心配に思われるかもしれませんが、この講座のやり方なら上達が早いため、楽しみながら練習できるはずです。

1年も2年も教室へ通うよりも、安く済むところも魅力です。



なお、今だけの限定無料特典として、 以下の豪華な特典が付属します。



おまけとは思えないくらい魅力的な特典です。
はじめるのなら特典プレゼント中が絶対お得だといえるでしょう。



この講座、購入者からも大変高い評価をうけているんですよね。
まずはチェックしてみましょう。


関連記事






ページトップへ