水彩画初心者にグッドアピールの「水彩画通信講座」をおすすめする理由について解説【他の講座にはない特徴がある】

水彩画を最短で上達させるコツや、知っておくと役立つ情報を掲載しています。

水彩画初心者にグッドアピールの「水彩画通信講座」をおすすめする理由について



水彩画を自宅で学びたい、練習したい。
そんな方に便利なのが、水彩画の通信講座です。

教室へ通うことなく水彩画を学んで上達させることができるとあって、幅広い世代に人気があります。

この水彩画講座ですが、講座を監修している会社によってさまざまなタイプ、内容の教材があります。

中には市販の水彩画教本で学ぶのと変わらないのでは?と思うようなものも。



もしあなたが、これから水彩画をいちからはじめようという初心者であるのなら、グッドアピールの水彩画講座をおすすめします。

他では続かなかった、ダメだったという人でも、グッドアピールの水彩画講座なら無理なく上達させられるはずです。

それはなぜなのか?



今回は、当サイトがグッドアピールの水彩画講座をおすすめするその理由について、くわしく解説したいと思います。

グッドアピールの水彩画講座を初心者におすすめするのはなぜか?

自宅で学ぶタイプの水彩画講座は、探せば結構見つかります。

しかし水彩画をこれからはじめようという初心者の方には、当サイトでよくご紹介しているグッドアピールの水彩画講座が向いていると断言できます。

誰もが知る有名所の講座ではなく、なぜグッドアピールの水彩画講座をおすすめしているのか?

その理由は、講座で使う教材の内容にあります。
以下、ご覧下さい

DVDで実際にプロが描く様子を詳しく見られる



他社が提供する水彩画講座では、テキストや画像を用いた教材を使用していることがほとんどです。

主には文章による説明に目を通しながら、絵の練習を進めていきます。

単に絵を描くだけではなく、描いた絵に対して添削が受けられるサポートを提供しているところもあり、 独学で練習を進めるよりも学習効果は高いはずです。



ただ描き方を体で理解し、表現の仕方を取得するまでには時間がかかります。

その人の性格にもよりますが、テキスト教本による水彩画の学習は、市販本を使って勉強しているのと大して変わらないかもしれません。



一方で、グッドアピールの水彩画講座では、DVD映像をベースに学習を進めていきます。

DVD映像を通して先生の説明を聞いたり、実際にデッサンや水彩画を描いている様子を詳しく見られるため、 初心者でも道具の使い方や、描き方の要領がつかみやすくなっています。

極端な話、見たままの描き方を真似すればよいので、文章や画像による説明よりも効率よく描き方のコツを身に付けることができます。

自宅にいながら、教室で直接先生に教えてもらっているかのような環境が実現できるんです。



正直初心者には、文章や画像による説明だけでは頭ではなんとなく理解できても、 実際にどのように筆を動かせばよいのかがわかりません。

説明を読んでいる時にはできるような気がするかもしれませんが、紙を前にすると手が動かないのです。

それは、どのように筆を動かしていけばよいかを明確に理解できていないからなんですね。



グッドアピールの講座は、そのような初心者がつまづきやすい点、疑問に感じやすい点をよく押さえています。

初心者にとって、どのような学習方法が最も効率よく学べるかをよくわかっています。

もちろんテキストで学びたい…という人向けに、テキストによる教材も提供しているので、 自分がやりやすい方法で水彩画の練習を進めることが可能です。

まずは楽しい色塗りからスタートするので、拒否反応をおこしにくい



どのようなジャンルの絵画も、きちんと学ぶとなると奥が深いです。

絵画の中では比較的簡単そうに見える水彩画も、きちんとやると「デッサン」のやり方から「色づくり」「用紙の選び方」等々…、 沢山学ぶことがあります。

はがき絵(絵手紙)を描きたいとか、趣味として水彩画を描きたいという気軽な気持ちではじめてはみたものの、 講座の教材に目を通しているうちに、拒否反応を起こして続けるのが嫌になった…なんて方は少なくありません。

ほとんど勉強せずに、挫折してしまう人って多いんです。

というかそもそも、単純にちょっとした絵を描きたいだけの人に、いきなりデッサンの知識を習得させようなんていうのが間違いなんですよね。



その点、グッドアピールの水彩画講座は、いきなりデッサンを描くようなことはしません。

先生が描いた下絵を利用し、まずは水彩画の醍醐味ともいえる「絵の具による色塗り」からはじめられるようになっているんです。

筆の使い方や色の作り方、色の塗り方なども全て動画で教わることができるため、 絵画の学習にありがちな小難しい話は一切ありません。

簡単にきれいな水彩画ができあがるため、初心者でも続けるモチベーションが保ちやすくなります。



水彩画を描くさまざまなコツは、言葉や写真だけで説明しようとなるとどうしても難しくなってしまいがちです。

例えば「優しく筆を置く」という言葉ひとつでも、人によってとらえ方が大きく異なってくるため、 より詳細に説明する必要がでてきます。

ちょっと色を塗るだけなのに、大げさになってしまうんですよね。

しかしグッドアピールの水彩画講座では、先生のやっていることをそのまま真似するだけで、描き方のコツを身に付けることができます。

頭で考えるよりもまず先に手を動かして体で理解できるのは、非常に効率の良い水彩画の学習方法だといえるのではないでしょうか。

特典がつくことがある



グッドアピールの水彩画講座には、水彩画学習のための教材のほかにも、いくつかの特典がついてくることがあります。

特典とは、例えば以下のようなものです。
水彩画講座の特典例

・画用紙のデコボコを防ぐ「水張り」について解説したDVD
・水彩道具にまつわる知識のテキスト
ほか

特典の内容はその時によって変わること、また時期によっては特典が付属しない場合もあります。 なので絶対にもらえるとは限りませんが、なんらかの特典が付属してくることが多いです。

このような特典が付属する通信講座はあまりなく、お得感が大きいです。

なお現在提供中の特典の内容については、水彩画講座のページにてご確認いただければと思います。

価格が手ごろ



絵画教室である程度のテクニックを身に付けようとなると、最低でも1年以上は通う必要があります。

すると当然ですが、それなりにコストがかかってきます。

例えば教室の入会金や月謝を含め、教室までの交通費や画材の費用を含めたとすると、1年で15~20万円程度はかかるのが普通です。



しかし、水彩画の通信講座は一度購入してしまえば、それ以後は費用がかかりません。

しかも真面目に練習すれば、ある程度の期間教室へ通ったのと同じだけのテクニックが身につけられるため、コストパフォーマンスは高いです。



そのようにもともと通信講座は、教室へ通うよりもコストを抑えやすく、そういった理由で選ばれる方も少なくありません。

ただ、講座によって教材の内容はまちまちであること、また価格も大きく異なるため、 初心者には比較しづらくもあるのですよね。



そんな通信講座の中でも特に優れたコスパを実現しているのが、グッドアピールの水彩画講座です。

DVDとテキスト教材がセットという豪華な教材内容であるのにもかかわらず、 税込みで32,780円(送料無料)、税抜きだと3万円を切る価格です。

名前は出しませんが、知名度の高い大手資格サイトの水彩画講座だと、 テキスト教材だけで4万円台後半の価格になります。

またグッドアピールよりもやや安価に水彩画講座を提供している有名企業もありますが、 テキスト教材のみで、しかも受講できる期間が限られています。



先にも述べたように、グッドアピールの水彩画講座には、DVDとテキスト教材両方が付属することに加えて、利用期限などはありません。

いつでも好きな時に水彩画を学ぶことができるんです。

他の講座と比較しても、かなりリーズナブルであることがおわかりいただけるのではないでしょうか。

水彩画に必要な道具は自分で揃える必要がある

初心者が水彩画を学びたいと思ったときに、これ以上に適した講座はないと思われるグッドアピールの水彩画講座ですが、1点だけ面倒なところがあります。

それは、水彩画に必要な道具は自分でそろえる必要があるという点です。



水彩画講座の中には、水彩画を描くのに必要な「絵の具」や「水彩用紙」、 「パレット」「筆洗」などの道具が最初から付属しているものもあります。

ですが、グッドアピールの水彩画講座にはそういった道具は付属していないため(色塗り用の用紙は付属)、自分で揃えなくてはなりません。



水彩画を始めるにあたって、何を揃えればよいのかがわからないという初心者は少なくないと思われ、 これを面倒くさいと感じる人もいるかもしれません。

ですが個人的には、この内容(道具の付属なし)には賛成です。

なぜなら水彩画講座に付属していることの多い道具って、個人の環境では必要がないと思われるものも混ざっているから。



別記事「水彩画で最低限揃えたい道具について解説」でもご説明しましたが、 水彩画を始めるにあたって必要なものはそれほど多くはありません。

とりあえず必要になるものって、以下の5点くらいです。
水彩画を描くのに必要な道具

・絵の具
・筆
・パレット
・水彩用紙
・筆洗

その他の道具は、個人の環境によって必要であったりそうでなかったりなので、 実際に水彩画をはじめてみないと本当に必要なものってわからないんですよね。



最初から道具が付属している講座は、面倒がないのは確かです。

ですが、使わないかもしれない道具の費用まで支払わなくてはならないため、コスト的に無駄が大きくなります。

まあ、少々のコストを気にしない方であれば、そういった講座のほうが良いのかもしれませんが。





道具を自分でそろえるのが面倒だったりわからないという人は、 水彩画に必要なひととおりの道具がセットになった商品を買い求めると良いでしょう。

例えば以下のようなセットです。
これなら、自分で一つ一つ道具を選ぶ必要がありません。

透明水彩初心者セット


アートウェーブオリジナル水彩画箱セット


ホルベイン 水彩ミニバッグMセット


※各商品によって付属している道具の内容が異なるため、詳しくはリンク先の説明をご覧ください。



気を付けたいのは、「透明水彩」絵の具がセットになったものを選ぶことです。

あと「水彩画は初心者ほど「良い道具」を使うべき 100均をおすすめしない理由について解説」でもお話ししましたが、 絵の具や用紙、筆は100均で揃えるのはやめましょう。

そもそも100均では「透明水彩」と呼ばれるタイプの絵の具は手に入りませんし、 用紙も筆もきちんとした絵画用としては質が良くありません。

上手く描けずに、買いなおすことになるのがオチです。
私も知人にもそういう方、いました。



きちんとした道具はそれなりの価格がしますが、用紙以外は一度買えば長持ちするため、長い目でみると大したコストはかかりません。

最初にきちんとしたものを揃えましょう。

挫折しやすい人ほどおススメな水彩画講座

以上、グッドアピールの水彩画講座をおすすめしている理由についてお話しさせていただきました。

水彩画を学びたい初心者にとって、これほどとっつきやすい内容の通信講座はないと思います。

独学で練習をしているけれど一向に上達しない人、また他の水彩画講座で挫折してダメだった方も、 グッドアピールの水彩画講座なら無理なく水彩画のテクニックを習得できるはずです。

興味をお持ちの方は、ぜひ講座のページに目を通してみてください。
詳しい学習内容を知ることができます。



関連記事







ページトップへ