自宅でも風景画は描ける!家にいながら様々な水彩画を描く方法について解説

水彩画を最短で上達させるコツや、知っておくと役立つ情報を掲載しています。

家にいながら多彩な風景画を描く方法とは?



風景画を描くには、実際の風景を見なくてはならない。

そう思い込んでいらっしゃる初心者は結構多いように思いますが、 実はわざわざ外出しなくても風景画は描けます。

もちろん、実際の風景を見て描くことにはそれなりに意義があるため、絵を描くために外へ出るのはありだと思いますが、 スケジュールの都合で出れない場合もありますよね。

そんな場合におすすめしたいのが、自宅での絵画。
家にいても、きれいな風景画は描くことは可能なんです。



しかし実際の風景をみもせずに、
どうやってきれいな水彩画を描くのか?

今回は、自宅にいながらさまざまな種類の水彩画(絵)を描く方法について解説します。

自宅で風景画を描く方法とは?



外へ出て絵を描く人、少なくないと思います。

家だと描けても静物画くらいが限界ですが、外に出ればいくらでもきれいな風景がみつかりますから、 インスピレーションが刺激されて良い絵が描けそうな気がしますよね。

ただ、きれいな風景を探すには、それなりに遠方へ足を延ばさねばなりません。

また、天気が悪かったりスケジュールの都合がつかなかったりで、そもそも外出することが難しい人もいるでしょう。

風景の水彩画を描きたい…でも外出する時間がない。

そんな人におすすめしたいのが、「写真」を利用して風景画を描く方法です。



写真?
そんなものでは、良い水彩画は描けないのでは?

そうお思いの方もおられるかもしれませんが、そんなことはありません。



実際の風景を見て描くのとまったく同じではありませんが、写真をみながらでも実在感のある水彩画を描くことは可能です。

むしろ写真の風景は、天気や季節の影響による変化がありませんから、実際の風景を見るよりも描きやすいと思います。

また実際の風景を見て描くよりは表現が容易であるため、初心者の絵の表現力やテクニックを磨くのにも適しています。

なにより雨の日でも台風の日でも、真夜中でもいつでも風景画が描けるって、素敵なことだと思いませんか?

自宅での風景画描きに必要なもの



自宅でも写真を利用すれば、風景画は描けます。

もちろんどんな写真でも良いというわけではなく、絵を描くのに利用するのなら、 できるだけ大きく鮮明に撮られた写真を利用してください。

そんな写真、手元にないんだけど…。

自分で写真を用意できない場合は、キレイな風景写真が載った本を利用するのも悪くありませんし、 インターネットで風景写真を検索するという手もあります。

特にネットなら、日本にはない外国の風景写真もたくさん見つけることができますから、 絵を描くのがますます楽しくなるのではないでしょうか?



ただし、ネットや本で公開されている写真は、他人が撮影したものです。

その他人の写真を自分の作品に利用する場合には、「著作権」など注意しなくてはならない点もあります。

他人の「写真」を絵に利用する場合の注意点について



本やネットに掲載されている「写真」は、他人が撮影したものです。

なのでその写真を利用して絵を描くのであれば、
著作権に配慮する必要があります。



わかりやすくいうと、他人の写真をもとにして水彩画(絵)を描く場合、 描いた作品を公開せずに手元に置いておくだけなら、別に構わないと思います。

しかしネットや展覧会などで、自分の作品として勝手に公開するのはNGです。 そのような行為は著作権侵害にあたる可能性があります。

なので他人の写真を使う場合は、あくまでも自分が楽しむだけのものとして描く必要があるのですが、 そんな絵に限って上手く描けたりするのですよね。

上手く描けた絵を、公開せずにおいておくのはなんだかもったいない。 でも公開すると著作権的に問題だし、うーん…。

なんて、悩んでしまう方もおられるかもしれません。



そうならないためにも、水彩画を描くために他人の写真を利用しようというのなら、 最初から「著作権フリー」で公開されている写真を利用するようにしましょう

今は「著作権フリー」、かつ無料で使える写真サイトがたくさんあります。

無料でありながら、素晴らしい風景写真がたくさん公開されていますので、 そういったサイトを利用すれば描くものにはまず困らないはずです。

私が利用することが多い無料の写真サイトを紹介

私自身も、絵画作品の制作に著作権フリーの写真サイトを利用することが多々あります。

そんな中より、特に作品に利用しやすいと思われる無料の写真サイトをいくつかご紹介いたします。

フリーの写真サイトを利用する場合の注意点も簡単に後述していますので、必ず目を通すようにしてください。

写真AC

日本では最大級だともいえるレベルの、無料写真素材サイト。
主には個人ユーザーが撮影した写真を著作権フリーで配布しており、会員登録することで利用できます。

日本のサイトなので、日本に関連する風景やモノ、場面をあらわした写真が多く、そういった写真を利用したい場合に便利です。

Pixabay

海外の無料写真素材サイト。
こちらも個人ユーザーが撮影した写真を、著作権フリーで配布しています。

基本的に会員登録は不要、著作権表記(クレジット表記)、リンクも一切不要です。

さまざまなタイプの写真が掲載されていること、また海外ならではの素敵な写真が多数あり、絵を描く人なら惹かれるはずです。

pro.foto

先にご紹介したサイトが主に個人ユーザーの写真を掲載していたのにたいし、 pro.fotoはプロカメラマンが撮影した無料写真素材・フリー画像を公開するサイトです。

利用規約の範囲内で、自由に写真を利用できます。

会員登録や著作権表記(クレジット表記)、サイトへのリンクも不要と、自由度が高く使いやすいです。

無料の写真サイトを絵画作品に利用する注意点について



無料の写真素材サイトの写真は、基本的には自由に使うことができます。

ただし写真によっては商用利用のみ有料であったり、素材の使い方について一定のルールを設けている場合もあるため、 その点に注意が必要です。



絵画作品への写真利用に関しては、風景写真であれば多くが大丈夫だと思われます。

ですが商用利用…例えば写真を利用して描いた作品を販売したりする場合に、 利用するサイトや写真によっては問題となることもあるかもしれません。

利用前に、各サイトで公開されている利用規約によく目を通すようにしましょう。


水彩画を短期間で上達させるコツ

水彩画は他の絵画のジャンルとは異なり、描くのにコツが要ります。

他のジャンルだと絵を描くのが上手い人であっても、水彩画となると上手く描けないのはそのコツを理解していないからです。

コツを理解せず、練習を重ねてもなかなかうまくならないでしょう。
また教室へ通っても、やはり上達しません。



水彩画を最短で上達させるコツとはずばり、プロの水彩画の描き方を真似ることです

もしこれから水彩画を上達させるために絵画教室へ通おう、教材を買って勉強しようと考えているのなら、以下の通信講座をご覧になってみてください。

有名画家である上西竜二先生の描き方を自宅で学べる、初心者向けの水彩画DVD講座です。

・プロの水彩画の描き方を1から10まで真似ることができる
・筆の使い方や色の混ぜ方もわかる
・デッサンの仕方も学べる
・好きな時間に学べて、教室へ通うよりも確実に上手くなる



水彩画の本を読んでも上達しなかった方や、教室へ通ったけれど挫折してしまったという方に特におすすめの講座です。

単に描いて練習するよりも、効率の良い方法でプロの描き方を学べ、 自分の水彩画に生かすことができます。

講座なんて続くのだろうかと心配に思われるかもしれませんが、この講座のやり方なら上達が早いため、楽しみながら練習できるはずです。

1年も2年も教室へ通うよりも、安く済むところも魅力です。



なお、今だけの限定無料特典として、 以下の豪華な特典が付属します。



おまけとは思えないくらい魅力的な特典です。
はじめるのなら特典プレゼント中が絶対お得だといえるでしょう。



この講座、購入者からも大変高い評価をうけているんですよね。
まずはチェックしてみましょう。


関連記事







ページトップへ